サッカー, スポーツ,

1998年のワールドカップ、中田英寿はアルゼンチン戦の前半にある選手のタックルをうけ、すねに10cmほどの傷を負いました。

すね当てが当たらない場所をきれいにえぐったように出来た傷は、相手の選手が狙ってファウルをしたかのよ ...