スポーツ,

この小説を読み終えて、僕は自分自身にとって数少ない視覚障がい者と触れ合った経験を思い出しました。

もう10年近く前になりますが、僕は「City Lights」という団体のWebサイト制作に、ボランティアでかかわった事があり ...

本書を読み終えた時、僕はこう思いました。本書に書かれている事に共感出来る人は、「なぜ自分の事が書いてあるのだろう」と、思うのではないかと。

17年前、渋谷。大好きだった彼女は別れ際、「今度、CD持ってくるね」と言った。それ ...