, 松浦弥太郎

「ひとりでいること みんなとすること」は、松浦弥太郎さんの著書「愛さなくてはいけない ふたつのこと -あなたに贈る人生のくすり箱 -」と「40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために」の二冊から、孤独と共感のバランスのと ...

, 松浦弥太郎

2015年に、暮しの手帖の編集長を務めていた松浦弥太郎さんが、クックパッドに転職し、「くらしのきほん」というWebメディアを立ち上げたことは、話題になりました。松浦さんは転職する頃、1冊のエッセイ集を発表されています。それが、本書「正 ...

, 松浦弥太郎

本書「いつもの毎日。―衣食住と仕事」は、現在クックパッドで「くらしのきほん」というメディアの編集長を務める松浦弥太郎さんが、どんな物を身につければよいか、毎日の生活に使うものはどんな物をつかえば良いのか、そして仕事とはどうするべきなの ...

仕事, , 松浦弥太郎

考えてアイディアを出す。企画を考える。そんな仕事だけでなく、日常の何気ないことでも「考える」ことが求められる場面はよくあります。子供がいる人は、子供に「考えろ」なんて叱っている人もいるんじゃないのでしょうか。

でも、「考え ...

仕事, , 松浦弥太郎

本書は暮しの手帖という雑誌の編集長から、クックパッドの「くらしのきほん」というWebメディアの編集長への転職で話題になった松浦弥太郎さんが、世界で仕事をしていくために、自身の友人・知人との仕事やプライベートでの交流を元に何が必要か、基 ...

松浦弥太郎

今週の個人的なビッグニュースは、暮しの手帖の編集長を務めていた松浦弥太郎さんが、クックパッドに入社したというニュースです。松浦弥太郎さんは、COWBOOKSという古本屋を運営しながら、エッセイストとしても数多くの著書を出版。近年は、暮 ...

, 松浦弥太郎

松浦弥太郎さんの著書を図書館でみつけると、ついつい手にとって借りてしまいます。もう、何冊も読んでいるので、松浦さんが伝えているメッセージは頭に入っていると思うのですが、読むことで得られる安心感が欲しくて、僕はついつい手にとってしまうの ...

, 松浦弥太郎

どんなに実力がある人でも、どんなに資金に恵まれている人であっても、どんなに才能がある人でも、誰かの支えが無ければ、持っている才能を発揮することが出来ません。人は、一人では何も出来ないのです。では、どうすれば味方になってくれる人が現れる ...

, 観光

「ドアを一歩出れば旅である」。

本書のあとがきに掲載されていた言葉を、僕は他の本で誰かが語っていたのを読んだことがある。箭内道彦さんは、「僕にとって原宿から渋谷に移動するのは、東京からニューヨークに移動するようなものだ」と ...

僕は、「センスがいい」と言われると、恥ずかしい気分もありつつ、心から嬉しい気持ちになります。もしかしたら、「センスがいい」という言葉は、僕にとって一番言われたい褒め言葉かもしれません。なぜなら、「センスがいい」と言ってもらえるというこ ...

, 松浦弥太郎

「一流ってなんだろう。」本書の特集はこんな言葉から始まります。

男にとって大切なものは何か、男にとって一流とは何か、上質とは何か。その事を、「暮しの手帖」編集長の松浦弥太郎さんと考えたのが、今回のBrutusの特集「松浦弥 ...