nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

高城剛トークライブ!★★読者大感謝祭★★「旅は、人を幸せにするのか?」

   

昨日、「高城剛トークライブ!★★読者大感謝祭★★「旅は、人を幸せにするのか?」」に行ってきました。このトークライブは、高城剛メールマガジンの読者限定で開催されたイベントですが、場所は渋谷公会堂、料金は無料ということで、非常に規模の大きなイベントでした。会場は満席。読者でない人も含まれていたと思いますが、高城剛さんに興味がある人が、こんなに多い事に驚きました。

時間を守る。水は飲まない。1時間半しゃべりっぱなし。

驚いたのは、高城剛さんのストイックさです。登場してから、1時間半。ずっと立ちっぱなしで、マイク片手にしゃべりっぱなし。喋りで噛むことは、ほとんどなし。その間、水分補給は一切なし。19:00ピッタリに始まって、終了予定時刻の20:30ピッタリに終了。メールマガジンで常に説いている「時間を守ること」の大切さを、自ら実践していました。嵐のように喋り倒して、さっと去っていく。そのエネルギーに、圧倒されました。

「旅は、人を幸せにするのか?」

今回のトークのテーマは、「旅は、人を幸せにするのか?」。このテーマに対して、高城剛さんはトークライブの中で、2つの考えを紹介していました。

1つ目は、「旅先では未来や幸せについて、考える機会が増える」という点です。現在、高城剛さんは仕事の合間に、南国の島々を旅しているそうです。南国の島々を回る理由の1つに、温暖化が進む日本の将来を考える上で、既に暖かい南国の人々の暮らし方に、未来があるのではないかと考えているからだそうです。

そして、旅先では自分が普段いる場所を、より俯瞰して見つめなおすことが出来るので、自分の未来、そして自分の幸せについてを考える機会が増えるのだと、高城剛さんは考えているそうです。

2つ目は、「旅をする時に人がとる行動が、自身を幸せにする」という点です。旅をする時、人はまずどんな旅にするのか、計画を立てます。この「計画を立てる」という行動をすること自体が、幸福度を高めることにつながっているのだと、「「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY」という本を例に、紹介していました。確かに、自分自身も、「ここ行きたい」「旅行先でこんなことしてみたい」と考えている時、心なしか表情が緩んでいる気がします。

そして、旅行に行った後、人にその楽しみを伝えること。写真、動画、エピソード、など。楽しんだことを、人に伝えること。これも、幸福度を高めるために重要なのだというのです。たしかに、自分自身も「こんな楽しいことがあった」「こんなひどいことがあった」と語っている時は、楽しそうに話している気がします。旅で起こった不幸なエピソードも、時が経てば、よい思い出です。そして、高城剛さん自身も語っていましたが、こうして渋谷公会堂で2,000人の前で自分の旅の思い出を語る高城剛さんは、トークライブ中に幸福度が高まっているのだ、というわけです。

人生を楽しむために、全力を注いでいる

トークライブを聞き終えて、高城剛は本当に「人生を楽しむために、全力を注いでいる」人なのだと、改めて実感しました。旅は、高城剛さんにとって、人生を楽しむための手段なのだと思います。そして、高城剛さんのような人だけでなく、僕のような人でも、安価で旅が出来る時代がやってきています。今年の年末、ドイツからタイに世界初の長距離LCCが就航します。値段はなんと、99ユーロ。約10,000円です。10,000円でタイに行ける時代がやってきているのだから、旅しなきゃ損。メールマガジンを読んで理解していたことを、改めて実感させられたトークライブでした。

高城 剛 カバンの中身 – 世界中を手荷物1つで旅をする

高城 剛 カバンの中身 – 世界中を手荷物1つで旅をする from Masaya™ on Vimeo.

おすすめ商品

 -