高城剛の入門書。書評「白本」(高城剛)

takashiro-white

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」。そのメールマガジンに寄せられた「Q&A」を再編集したのが本書「白本」です。僕はメルマガの読者なのですが、280円という値段にひかれて読んでみました。

アウトサイダーならではの回答

例えば、高城剛さんは「21世紀のビジネスマンに必要なスキル」について、こう語っています。

今後大切なのは「英語」と「コンピュータ」だと思います。
続いては「国際感覚」と「センス」でしょうか。
そして、これだけで充分だともいます。
むしろ、残りは「遊ぶこと」に時間を割いたほうがうまくいくと思います。
(中略)
あえて僕の基準点でお話しますと、
「Eメールで笑いが取れればOK」です。
(中略)
ここに「英語」と「コンピュータ」、
そして「国際感覚」と「センス」が凝縮していると思いますよ。

他には、「今一番面白いと思っているサイト」について、こう語っています。

旅行に行く際に必ず参照するサイトが有ります。
それは、CIAのワールドファクトブックと呼ばれるサイトです。
僕が知るかぎりでは、かなり正確でリアルタイムな情報が書かれており、
特にアフリカや南米に行く際の事前情報としては、
本当に助かります。

こうした、テクノロジー、ビジネス、国際問題、観光、瞑想、トレーニング、といった様々なテーマに、毎回高城剛さんは的確に、そしてユーモアを交えて回答しています。世界中を飛び回ることで得られた知識、経験、そしてクリエイターというアウトサイダーな立場からの視点からの回答が、このQ&Aの魅力だと思っています。

様々なテーマに答えられる理由

このQ&Aを読んでいて、1つの疑問をいだきました。「なぜ、高城剛さんはなぜ寄せられる質問にきちんと回答できるのか。」と。僕の仮説はこうです。高城剛さんの普段の仕事が、このメールマガジンに書いているようなことなのではないか、と。

どういうことなのかというと、高城剛さんの仕事として、DJや映像クリエイターとしての顔が紹介されることがありますが、他には地域や企業のブランディングやコンサルティングもやっているそうです。コンサルティングという仕事は、「人の悩みに対する答えを提示する」仕事です。つまり、このメールマガジンのQ&Aと変わらないというわけです。

また、「高城未来研究所「Future Report」」では「デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ」「マクロビオティックのはじめかた」「直感力の上げ方」といったコンテンツも紹介されていますが、たぶんこれらのコンテンツも、高城剛さんが普段の仕事で求められているレポートと、さほど変わらないのかもしれない。読みながらそんな事を考えました。

高城剛さん本人は、その風貌と発言から醸しだされる怪しさから警戒されがちな人だと思うのですが、その怪しさとは裏腹に、「高城未来研究所「Future Report」」は、毎週金曜日の18:00頃に必ず発行され、これまで休載も1度もありません。非常に真面目にコツコツと運営され、人気のメールマガジンへと成長しています。既存のメディアでは読めない、テクノロジーやライフハックの情報が掲載されているメールマガジンなので、読んだことがないかたは、ぜひ本書をきっかけに読んでみることをオススメします。

関連記事

今からでも遅くない英語の勉強法。書評「21世紀の英会話」(高城剛)
自分のことは自分で。書評「時代を生きる力」(高城剛)
モノは人を表す。書評「LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】(高城剛)」

関連商品