nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年J1セカンドステージ第10節 ヴァンフォーレ甲府対川崎フロンターレ プレビュー「風間監督が変えたこと」

   

2015年Jリーグセカンドステージ第10節、川崎フロンターレの対戦相手はヴァンフォーレ甲府です。この試合は、1週間前に松江シティFCが機能するかが、ポイントです。松江シティFC戦で試したことは、2つあります。

なぜ3バックのメンバーを変えたのか

1つ目は、3バックのメンバーを変えたことです。右から、武岡、谷口、小宮山というメンバーに変更しました。井川のパフォーマンスが決して悪かったわけではありません。ただ、井川はスピードがないので、どうしても足の速い選手との1対1で、抜かれてしまったり、ズルズルとゴール前まで後退してしまう場面がみられました。

まず、谷口を3バックの中央で配置することで、DFラインを出来るだけ高く保ち、相手ゴールになるべく近い位置でボールを奪うこと。そして、谷口の技術を最大限に活かして、相手FWの守備を外したい。という意図が感じられます。

また、武岡、小宮山という選手は1対1の守備が強く、足の速い選手の対応を苦にしないこと、そして2人ともサイドバックが出来る選手なので、サイドに起点を作り、スムーズにボールを運びたいという意図も、この起用の意図として感じられます。

ウイングバックを中央でプレーさせる

2つ目は、ウイングバックの選手をより中央でプレーさせたいのではないかと思いました。

サイドのDFがスムーズにボールを運べれば、DFの前に位置しているエウシーニョや中野といった選手が、より相手ゴールに近い位置、もしくは中村と大島の近くでプレー出来るようになります。僕は、風間監督の狙いは後者だと思います。

ボランチの近くでサイドの選手がプレーすれば、マークにつく選手がいないので、フリーでボールを受けることが出来ます。エウシーニョも中野も、中央でボールを受けるプレーを苦にしません。バイエルン・ミュンヘンがこの手法を採用していますが、川崎フロンターレの狙いも同じだと思います。

後ろを変えることで、パス回しとボールの前進(FC今治では「プログレッション」という言葉を使うそうです)をスムーズにすることで、フリーで受けられる選手を増やし、少ない労力でゴール前までにボールを運ぶ。これが、松江シティFC戦以降の変更の狙いだと、僕は感じています。

風間監督が何かを変えるタイミング

この2つがスムーズに実現できれば、3トップの大久保、小林、田坂という選手たちに、スムーズにボールが供給され、相手の守備を崩す場面が増えるはずです。

風間監督は攻撃に問題があると感じた時は守備を、守備に問題があると感じた時は攻撃を立て直すことで、チームのバランスを整えようとする監督です。普通の監督は、守備に問題があれば守備の立て直しを、攻撃に問題があれば攻撃の立て直しをするための策を練るのですが、風間監督は時に普通の監督とは全く逆の事をします。

しかも、変える時は大胆に変えますが、変えない時は全く変えません。風間監督はこの中断期間が来るのを待って、大胆に立て直しのための策を実行してきました。

風間監督が中断期間中に実行したことが、実を結ぶのか。この試合では、その点に注目したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,