nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

ダブルボランチへのマークと森谷への期待。2014年J1第10節 ベガルタ仙台対川崎フロンターレ プレビュー

      2014/07/22

2014年J1第10節、川崎フロンターレの対戦相手はベガルタ仙台。ガンバ大阪戦から中2日。ガンバ大阪戦終了後に座り込んだ選手が多いことを考えると、コンディションがいいとは思えませんが、試合は続きます。しかもアウェーゲームということで、苦戦が予想されます。

ダブルボランチへのマークをかいくぐれるか

ベガルタ仙台は、渡辺晋監督就任後、手倉森監督時代同様に、中盤の激しい守備からのサイド攻撃を仕掛けるサッカーに戻っています。ベガルタ仙台の強みは、中盤の激しい守備。特に、ダブルボランチのボールを奪う能力は、Jリーグの中でも高いレベルにあります。そんな、ベガルタ仙台のダブルボランチの標的になるのが、大島と中村のダブルボランチです。

前節のガンバ大阪戦は、大島と中村のダブルボランチに対して、相手FWとダブルボランチの4人がかりでボールを奪いにきました。浦和レッズ戦は、大島と中村にマンマークがついてきました。川崎フロンターレの攻撃を止めるために、どのチームもまず大島と中村のダブルボランチを抑えようとしてきます。

前節のガンバ大阪戦は、森谷が中盤で受けたり、小林のポストプレーを有効に使うことで、うまく相手のディフェンスをかいくぐることに成功しました。しかし、今後もダブルボランチへのマークが強まることが、予想されます。その場合、どうやって相手の厳しいディフェンスをかいくぐるのか。ベガルタ仙台のように守備の強いチームを相手に、ガンバ大阪戦同様にうまくやれるのか、注目です。

ゴールが欲しい森谷賢太郎

今節、個人的には森谷に注目しています。

ガンバ大阪戦のレビューでも書きましたが、森谷のプレーからは結果を強く求める気持ちが感じられました。スタメンで起用された当初は、ボールをつなぐだけのプレーが多かったですが、ここ数試合は積極的にミドルシュートを撃ったり、ゴール前に顔を出すようになっています。一つきっかけをつかめば、ゴールを量産出来るようなプレーをしていると思います。

大久保、小林、レナトの3人は、きつくマークされることが予想されます。だからこそ、森谷がゴールを奪えるようになれば、川崎フロンターレの攻撃はより強力なものになります。非常に能力の高い選手なので、あとは結果だけです。誰もが認めるレギュラーに成長した今だからこそ、結果にこだわるプレーを続けて、より凄い選手に成長して欲しいと思います。

関連記事

2大イベントと左サイドバック。2014年J1第9節 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 プレビュー
スタメンに注目。2014年J1第8節 浦和レッズ対川崎フロンターレ プレビュー
「自分たちの力が本物なのか」が試される1戦。2014年J1第7節 川崎フロンターレ対柏レイソル プレビュー

関連商品

 -