森谷のミドルシュートと交代策について。2014年J1第10節 ベガルタ仙台対川崎フロンターレ レビュー

2014/07/22

スタメンはこちら
スタメンはこちら

2014年J1第10節、ベガルタ仙台対川崎フロンターレは0-0の引き分け。ベガルタ仙台は下位に低迷しているため、順位のことを考えると勝ちたかったゲームでしたが、連戦の疲れもあり、選手の動きが重く、普段通りのゲームが出来ませんでした。

また、ユアテックスタジアム仙台のグラウンドは、テレビから観ても、ボールが転がりにくいコンディションだったように思えました。また、グラウンドがボコボコで、グラウンダーのパスを出しても、ボールが少し跳ねてました。そのため、選手はコントロールしにくそうにプレーしてました。等々力であれば、大久保の2回の決定機と、レナトの決定機は決まっていたかもしれません。

独特の軌道を描く森谷のミドルシュート

この試合は、森谷に注目していました。このところ、積極的にシュートを放つようになり、ゴールへの姿勢を強くみせるようになっていたからです。この試合でも惜しいミドルシュートが2本ありましたし、ペナルティエリアの中に入って、シュートを撃とうという動きを何回もみせていました。

森谷のシュートは、無回転かつアウトにかけているので、右に落ちていく独特の軌道で飛んでいきます。フランク・ランパードが同じようなシュートを撃ちますが、日本でこのシュートを連発できるのは、森谷だけだと思います。ゴールの枠に飛んだら、GKがキャッチするのはまず不可能です。試合を重ねるにつれて、ゴールの枠に少しづつ飛ぶようになってきました。

この試合では、ミドルシュートからゴールが生まれませんでしたが、1本決まれば、川崎フロンターレの新たな武器になると思います。連戦が続く中、ミドルシュートで得点が奪えるようになると、より楽に試合を進められるようになります。今後も注目していきたいと思います。

交代を1人しか使わなかった理由

この試合では、川崎フロンターレは交代を1人(小林→金久保)しか使いませんでした。

風間監督は、基本的には選手交代は使いません。その理由としては、「グラウンドの問題はまずは選手で解決する」という考えが基本的にあることと、「リズムを変えたくない」という2点が大きな要因です。特に最近は、「リズムを変えたくない」という理由で、交代を使わずに試合を進めることが増えています。

ベガルタ仙台戦の川崎フロンターレの控えメンバーと求められている役割を考えると、選手交代をあまり使わない理由がより具体的に分かります。

登里:谷口&レナトのバックアップ
井川:ジェシと中澤のバックアップ
山本:中盤と田中裕介のバックアップ、勝ち越して逃げ切るときにサイドの守備を固める
パウリーニョ:勝ち越して逃げ切るときに、中盤の守備を固める
金久保:負けているときに動きの悪いFW,MFの選手に代わり、ボール回しをスムーズにする
森島:試合終了間際に負けているときに、FWの人数を増やして得点を奪いに行く

このように、求められている役割と控えメンバーを照らし合わせると、昨日金久保しか使われなかったのは、納得出来ます。

普段風間監督が選手交代をしないのは、「よいリズムを変えたくない」というのが理由です。しかし、昨日のベガルタ仙台戦は、疲労もあって、チームとしてよいリズムで戦えていませんでした。言い換えれば、「リズムを変える」必要がありました。

しかし、今の川崎フロンターレには、リズムを変える役割が出来る控えメンバーが、金久保しかいません。

森島はまだ戦術に慣れておらず、現時点では投入すると、ボール回しがもっと上手くいかなくなる可能性もあります。

登里もリズムを変える役割が出来るのかもしれませんが、ベガルタ仙台戦の場合、相手左サイドの梁勇基のクロスを、谷口が上手く跳ね返していたことを考えると、登里を使うことがリスクが高いと判断するのも、やむを得ないかと思います。

山本とパウリーニョと投入して、守備からリズムを変えるという方法もなくはないのですが、守備が極端に悪いわけではないので、個人的にはよい交代策だとは思えません。

「足が速い」とか「ヘディングが強い」みたいな、一芸に秀でた選手が今年はいないのも、交代策が使われない大きな要因です。つまり、交代で力を発揮するタイプの選手が、ベンチにいないのです。(これは、選手編成の問題だと思いますが)

川崎フロンターレは、リズムが良い時は、Jリーグのどのチームにも負けないサッカーが出来ていると思います。しかし、リズムが悪い時にどう戦うのか。試合に出ている11人以外の選手たちを、いかに使って戦っていくのか。現在の川崎フロンターレの課題であり、風間監督の課題だと思います。

現在は連戦が続いているため、この課題に取組むことが出来るのは、中断期間になるかもしれません。それまでは、本来のサッカーが出来なくても、確実にチャンスをものにしながら、勝ち点を積み重ねていくしかなさそうです。

次節は中3日で甲府戦。今節よりは、少しはコンディションは回復していると思いますが、厳しい戦いが予想されます。
今後は試合で起きた出来事だけでなく、チームとしての戦い方の変化にも注目していきたいと思います。

関連記事

どうしてもFKを蹴りたがった森谷選手。2014年J1第9節 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 レビュー
チーム一丸となって勝ち取ったグループリーグ突破。ACLグループリーグ 川崎フロンターレ対蔚山現代 レビュー
レッズの徹底した川崎フロンターレ対策。2014年J1第8節 浦和レッズ対川崎フロンターレ レビュー

関連商品