nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第1節 ベガルタ仙台対川崎フロンターレ プレビュー「中央を崩したいから中村憲剛を左サイドで起用する」

   

2016年Jリーグセカンドステージ第1節、川崎フロンターレの対戦相手はベガルタ仙台です。

攻撃のクオリティは改善されていない

2016年のファーストステージ、このブログでは主に2点の事に注目してきました。

1つ目は、谷口彰悟のプレーです。前節のプレビューでも書きましたが、2016年の谷口彰悟はチームのリーダーとしてのプレーを求められていたはずが、上手く対応することが出来ず、苦しみもがいていました。そんな谷口の姿は、今の川崎フロンターレの現状を判断する基準として、とても分かりやすいものでした。

2つ目は、攻撃のクオリティです。2016年シーズンの川崎フロンターレは、中央から相手の守備を崩す回数が、2015年以前のシーズンと比較して、減っているように感じました。相手チームが川崎フロンターレの攻撃を警戒して、中央の守備を強化していることも要因ですが、パスの出し手と受け手との関係で、中央から相手の守備を崩す攻撃が減ってしまいました。勝っているけれど、正直面白くない。ファーストステージは、そう感じる試合が何試合もありました。満足できる攻撃が出来たのは、第11節の柏レイソル戦、第12節のアルビレックス新潟戦、第14節のジュビロ磐田戦、くらいではないかと思います。

パスの出し手の問題は、エドゥアルド・ネットがスタメンに定着したことで、改善されつつあります。パスの受け手の問題は、どうするか。そこで起用されるようになったのが、中央でパスを受けられる大塚翔平です。大塚を起用すると、中央でパスを受ける選手は増え、大久保が必要以上に下がってボールを受けなくても良くなりました。ところが、大塚が起用されると、中村をどこで起用するのかという問題が出てきます。中村の相手の狙いを外すパスは、川崎フロンターレの攻撃を仕上げるには欠かせません。大塚が起用されることで、パスの受け手が増えたことで、中村もパスを出しやすくなりました。ただ、中村と大塚は、得意とするポジションが重なります。では、どうするか。風間監督が考えたアイディアは、中村を左サイドで起用するというものでした。

サイドにパスが上手い選手を起用するメリット

サイドに本来中央でプレーするのが得意な選手を起用するというのは、よくあります。フィリップ・トルシエが日本代表を率いていた時、中央でプレーするのを得意としている望月重良、中村俊輔、小野伸二といった選手を、サイドで起用したことがありました。こうした選手は、ドリブルで相手の守備を崩すプレーは出来ません。しかし、サイドでパスを受ける時、タッチラインを背にすることで一方しか相手がこないので、ボールを扱うのが上手い選手を起用することで、ボールを奪われる可能性を減らすことが出来ます。そして、サイドから中央への斜め方向のパスを活用することで、相手の守備を崩すという選択肢が増えます。

2016年シーズンのファーストステージの川崎フロンターレは、攻撃のクオリティとして満足がいく試合が少ないと書いていますが、サイドからは崩すことが出来ていました。ただ、左サイドのMFは、田坂、登里、三好、狩野、森谷といった選手を起用しましたが、最適な選手が見つかりませんでした。ただ、車屋が好調だったので、左サイドからの攻撃のクオリティが下がることはありませんでした。車屋がいるから、いっそMFにサイドの選手を配置せず、違うタイプの選手を配置して、攻撃のクオリティを上げられないか。風間監督がそう考えても不思議ではありません。中村のコンディションが良くないことも、サイドでの起用というアイディアに踏み切った要因だと思います。

ベガルタ仙台は、Jリーグでは珍しく、中央の守備が強く、相手に攻められる事に慣れているチームです。堅いベガルタ仙台の守備を、いかに崩すかが、この試合の見どころです。特に中央のエリアをいかに攻略するか、僕は注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,