nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第4節 川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府 プレビュー「Winning team,But change」

   

2016年Jリーグファーストステージ第4節、川崎フロンターレの対戦相手はヴァンフォーレ甲府です。

攻撃の問題が改善されているか

この試合注目したいポイントは、攻撃の問題がいかに改善されているかです。

チャンスの数が少ないのは、ボールを保持出来ているものの、相手の守備を崩せていないからです。川崎フロンターレは、相手が何人いようとも、パスの受け手がマークを外し、マークを外したタイミングで正確で早いパスを通し、パスの受け手と出し手の関係だけで、相手の守備を崩すことが出来るチームです。ただ、今シーズンは得点はとれていますが、パスの受け手と出し手の関係だけで奪ったゴールは、多くはありません。

また、前節のレビューにも書きましたが、今シーズンはDFからMF、MFからFWへの中央縦方向のパスが少ないのも、チャンスの数が少ない要因です。川崎フロンターレの攻撃のテンポが良い時は、DFからMF、MFからFWへの中央縦方向へのパスがテンポ良くつながり、パスの受け手と出し手の関係でスムーズに相手の守備を崩すことが出来ます。しかし、今シーズンはパスの受け手と出し手のタイミングがあっていない場面があり、スムーズに相手の守備を崩すことが出来ていない時があります。パスの受け手と出し手の関係で崩すプレーが少ない。それが、チャンスの数が少ない要因なのです。

チャンスを増やせば、相手の守備を崩す機会が増えます。そうすれば、逆に相手のチャンスの数は減ります。今シーズンは相手陣内でボールを奪う力が上がっているので、相手を自陣に押し込み続けることも可能です。だから、攻撃の問題が改善されれば、もっと失点も減るはずです。

スタメンを変え、ポジションを変え、フォーメーションを変える理由

この試合で対戦する、ヴァンフォーレ甲府はまず「失点をしない」ことを最優先に考えてサッカーをするチームです。川崎フロンターレがボールを持つと、DF5人、MF4人が自陣ペナルティエリア付近に並び、守備をする人を増やして、相手にスペースを与えないことで、相手のミスを誘い、失点を防ごうという考えをもっているチームです。

川崎フロンターレにとっては、攻撃のクオリティの問題が解決されているか判断するには、これ以上ない相手です。この試合で風間監督は、負けていないにもかかわらず、スタメンを変え、選手のポジションを変え、場合によってはフォーメーションを変更する準備をしているようです。

スポーツの世界では「Winning team never change」という言葉があります。勝ってるチームは無闇に変えるな、という格言なのですが、風間監督はあえて変えていこうとしています。風間監督は、チームのクオリティに満足していない、そしてまだ「勝っているチーム」に値しないという考えがあるのだと思います。サポーターも、チームが掲げる志を理解し、もっと高いレベルをチームに求めて良いと思います。

ヴァンフォーレ甲府の堅い守備を、どのくらい押し込み、いかに崩すか。注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,