nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第4節 ヴァンフォーレ甲府対川崎フロンターレ レビュー「谷口が途中交代した理由を考える」

      2016/03/21

2016年Jリーグファーストステージ第4節、ヴァンフォーレ甲府対川崎フロンターレは、4-0で川崎フロンターレが勝ちました。

先制されても引いたままだったヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府は予想通り、守備の時にDF5人、MF4人で自陣深く引いて、川崎フロンターレにスペースを与えないように、まずは失点しないように、試合を進めようとしました。ところが、前半9分に中村のフリーキックで先制されたことで、ヴァンフォーレ甲府が事前に準備していたゲームプランは崩れた、はずでした。

ところが、先制されてもヴァンフォーレ甲府は「まずは失点しないように」という姿勢を崩しません。積極的にボールを奪いにくるアクションはほとんどなく、自陣深くに引いたままで、ゲームプランを変更しようという雰囲気は感じられませんでした。それは、2失点目以降も変わりませんでした。3失点目以降、ようやくヴァンフォーレ甲府は積極的にボールを奪いにくるようになり、攻撃時も人数をかけるようになりましたが、ゲームプランを変更するのが少し遅かった気がします。

川崎フロンターレとしては、ヴァンフォーレ甲府が先制後も自陣深くに引いているので、無理してゴールを奪いに行く必要はありませんでした。ボールを保持しながら、相手を動かし、相手が焦れてボールを奪いにきたときに攻撃する。先制点を奪ったチームとしては、理想的な試合運びが出来たのではないかと思います。

攻撃の問題が改善されたかは分からない

川崎フロンターレはこれまでの試合で、先制点を奪った後、ボールを保持し続けるために必要な、「受ける」「外す」アクションを止めてしまい、相手の攻撃を受けて失点してしまうような試合がありました。しかし、この試合では、相手が自陣深くに引き続けたこともあり、ボールを保持し続けることが出来ました。

ボールを保持し続けながら、試合を運べたのはよかったことなのですが、反面積極的に中央から攻撃を仕掛けるような場面はほとんどありませんでした。したがって、この試合のレビューで「攻撃の問題が改善されているか」をポイントに挙げましたのですが、この試合では攻撃の問題が改善されているかは、正直分かりませんでした。大久保や小林はなかなかボールを受けることが出来ず、フラストレーションが溜まる試合だったのではないかと思います。

したがって、「攻撃の問題が改善されているか」という点が改善されたかチェックすることは、次の試合以降に持ち越しとなりました。引き続き注目したいと思います。

谷口のフルタイム出場記録ストップが意味すること

この試合で谷口が途中交代したことで、2014年第25節の大宮アルディージャ戦から続いていたリーグ戦のフルタイム出場記録が47でストップしてしまいました。この選手交代は、谷口のチーム内での位置づけが、今シーズン開幕してから急激に変わってきている事を現していると僕は思います。

2014年シーズン後半から、谷口は川崎フロンターレにとって、守備の中心選手として、欠くことが出来ない選手になりました。特に2015年シーズンは、フォーメーションや戦い方、そしてGKが試合によって替わるなか、谷口がいなければ、チームはもっと悪い成績になった可能性もあります。

ところが、2016年シーズンが開幕し、FC東京から加入した奈良が予想以上の速さで川崎フロンターレのサッカーに適応し、センターバックのポジションを奪いました。そして、シーズン開幕後に柏レイソルからエドゥアルドを獲得。高さと強さと正確なキックを武器に、2試合連続でスタメン出場をはたしました。

川崎フロンターレのサッカーを実現させるためには、センターバックにも正確にパスをつなげる選手が必要でした。谷口が出場機会を得ていたのは、守備より攻撃が重視されていたからだと考えられます。ところが、奈良とエドゥアルドは、センターバックの選手としての守備力を兼ね備えながら、正確にパスをつなぐ能力を兼ね備えた選手です。奈良とエドゥアルドという選手の能力を活かそうと考えた時、はじき出されたのが谷口だというわけです。

守備の中心はあくまで谷口

ここ2試合、谷口はサイドバックでの出場が続いています。しかし、谷口は今シーズンセンターバックでの出場を想定してなのか、2015年シーズンより身体を大きくしている気がします。反面、2015年シーズンだったら対応できていた1対1の応対で相手のアクションに対応できない場面が見られます。そして、1対1での対応局面が増えるサイドバックでプレーする際に、より顕著に見られます。

風間監督が谷口を外さないのは、谷口が今シーズンの守備の中心選手だという考えを崩していないからだと思います。副キャプテンに任命されたことからも、谷口への期待は伝わってきます。ただ、ここまでの谷口は、期待に応えるパフォーマンスをしているとは、言いがたいのが現状です。

2015年シーズンの谷口は、替えの効かない「スペシャル・ワン」であり、「チームのMVP」といっていいほどの活躍を披露しました。シーズンはまだ始まったばかりです。コンディションがよくなれば、もっとよいプレーが出来るはずです。また、風間監督も谷口の力がより発揮できるポジションやフォーメーションを、今後も探っていくはずです。谷口の今後のプレーに注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,