チームが勝つにはベテランが必要だが、勝てなくなったら真っ先にクビを切られるのがベテラン

毎年、優勝争い、残留争いのニュースとともに、年末に報じられるのが、戦力外になる選手のニュースです。戦力外になる選手には、若い頃は素晴らしい活躍をしていた選手も含まれています。そんなニュースを聞くと、時の流れは残酷だと思わされます。

勝負所で必要なベテランの力

ベテランの選手が戦力外になるニュースを聞くたび、東尾修さんが語っていた「チームが勝つにはベテランが必要だが、勝てなくなったら真っ先にクビを切られるのがベテラン」という言葉を思い出します。

プロスポーツのシーズンを戦っていると、「ここは必ず勝たなければならない」という試合が必ずあります。そういう試合で、今まで培った経験を活かして、勝利を導くのがベテランの仕事です。野球の話になりますが、2014年シーズン、ジャイアンツの鈴木尚人さんの代走で、ジャイアンツが勝った試合が何試合もあります。ここぞという試合で、期待に応え、短い時間で結果を残す。そして、それを誇ることなく、当たり前の顔をしてやり遂げる。これぞベテランの仕事だと、唸らされました。

プロフェッショナルとしての姿勢をみせる

ベテランの仕事は、試合だけではありません。練習の時の態度から、若い選手に「プロフェッショナルとはどうあるべきか」を見せるのも、ベテランの仕事です。練習前の準備、練習に向き合う姿勢、試合後の身体のケア、メディアやファンに対する対応を含めた、自らの背中でチームを引っ張っていくのも、ベテランに求められる仕事です。ベテランが質の高い仕事をしているチームは、自ずと強いチームになります。強いチームには、ベテランが不可欠です。

勝てなくなった時、真っ先にクビを来られる

しかし、チームが勝てなくなった時、真っ先にクビを切られるのも、ベテランです。

勝てば勝つほど、お金がもらえる。それが、プロスポーツの世界です。ベテランの選手は、プレーを続けていると、自然と年俸も上がっていきます。チームが勝てなくなって、予算を減らさなければならなくなった時、真っ先に減俸の対象になるのは、ベテランの選手です。ベテランの選手は、チームが勝たなければ、自らの年俸も維持出来ないのです。それが、現実です。自分の居場所を確保し続けるには、自らの価値を示し続けるしかないのです。

長年プレーし続けているベテラン選手は、何度も逆境に立たされながら、自らの価値を示し、プレーし続けてきました。だからこそ、ベテランの選手が活躍してくれるのは、長年プロスポーツを応援している人は嬉しいのです。そこには、会社で働く自分の姿を重ね合わせている人も、いるのかしれません。

関連商品