西部のプレースタイルの変化。大島と谷口のリーダーシップ。2014年J1第34節 川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸 レビュー

2014年第34節、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸は2-1で川崎フロンターレの勝利。今日の勝利で、今シーズンの川崎フロンターレの順位は6位となり、賞金4,000万円を獲得することが出来ました。

新たなシステムの可能性

この試合のシステムは、前節のサンフレッチェ広島戦とも異なっていました。攻撃の時のシステムは、4-4-2ではなく、3-5-2でもなく、3-3-3-1というシステムになっていました。DFは右から、武岡、谷口、車屋。MFは福森がアンカーに位置し、右から森谷、大島、山本。FWは右から、レナト、大久保、登里。守備の時は、森谷と登里がDFラインに下がって、5-3-2になって守ります。ロスタイムに1点決められてしまいましたが、このシステムは凄く機能していたと思います。

特に、攻撃の時は、DFラインの3人とアンカーの福森の4人でパスを回しながら、相手の背後や人と人の間にパスを出して、仕掛けていくことが出来ていました。アンカーを務めた福森も、凄くいいプレーをしていました。予想以上でした。来年は福森がアンカーでスタメン出場する機会が増えるんじゃないか。そんな気がしました。

このフォーメーションのキーマンは、森谷賢太郎です。森谷がDFラインでプレーしている時間が長いか、中盤の中央でプレーしている時間が長いかが、川崎フロンターレペースでゲームが進んでいるかどうかを判断する指標になります。この試合は、中盤の中央でプレーしている時間はあまり長くありませんでしたが、攻守のバランスを保って、上手くプレーしていたと思います。

西部のプレースタイルの変化

この試合のMOMは、2得点した大久保だと思いますが、負けず劣らずの活躍をみせたのが、GKの西部です。前節のサンフレッチェ広島戦も危険なシュートを何本も止めていましたが、今節も危ないシュートを何本も止めてくれました。1失点での勝利は、西部の活躍なくては、今節の勝利はありえませんでした。

第32節の鹿島アントラーズ戦以降の西部のプレーを観ていると、以前と比べて明らかに変わっていることがあります。それは、バックパスの処理です。以前ならバックパスを受けた時、味方にパスをするというよりは、大きく蹴りだすようなプレーを選択することが多かったのに、鹿島アントラーズ戦以降、明らかに味方にパスをするプレーを選択することが増えていたからです。

西部は、34歳になった今でも、シュートを止める技術はJリーグでもトップクラスです。ただ、キックやボールを止める技術が高いGKではないので、西部にバックパスをして、相手のプレッシャーを回避するという選択肢は、効果的ではありませんでした。今も危なっかしいところがないわけではありませんが、34歳になっても、トライしよう、向上しようという意欲が、最近のプレーからは感じられます。

西部のプレーに象徴されていますが、優勝の可能性がなくなっても、チームは強い意欲を持って、個人戦術を高めるための努力を続けていたことが、プレーから伝わってきました。第32節以降の成績は、負け→引き分け→勝ち。成績を少しづつ上げて、シーズンを終えられたのは、来シーズンにつながると思います。

来シーズンの川崎フロンターレは、大島と谷口のチームになる

今節を観ていて、来シーズンは大島と谷口のチームになるんだろうなぁ、ということを強く感じました。2人のプレーからは、自分が中心としてチームを引っ張っていくんだというのが、プレーからも、行動からも強く感じました。

後半、カウンターのチャンスでヒールパスを出して、ピンチを招いた大久保を、谷口が大声で怒った場面が映像に映っていました。プレーだけでなく、手を叩いて声をかけ、チームを鼓舞する場面も何度もみられました。1年前は想像できませんでしたが、もはや谷口なしの川崎フロンターレは考えられません。来シーズンのDFラインのリーダーは、谷口です。

大島は、谷口と異なり、手を叩いてチームを鼓舞したり、声をかけたりする場面は、あまりありません。しかし、劣勢の場面で身体を張ったり、いつもと同じプレーをすることで、チームを引っ張ろうとする気持ちが、シーズン終盤はプレーから感じられました。谷口が動のリーダーだとすれば、大島は静のリーダーといえます。

中村が来年は35歳、大久保も来年は33歳になります。この2人がチームの中心であることは変わらないと思いますが、いつまでも2人に頼ってばかりではいられません。優勝するには、この2人に代わるリーダーの存在が不可欠です。大島と谷口には、来シーズンは2人に代わるくらいの存在感を発揮して欲しいと思います。

2014年シーズンは、ガンバ大阪の優勝で幕を閉じました。今シーズンを振り返ると、ACLに出場した4チームのうち、降格したセレッソ大阪以外の3チームは、6位から8位に固まっています。今シーズンのACL出場チームの試合日程は、異常な程過密でした。この過密日程が、リーグ戦の成績を落としたことは否めません。言い換えると、コンディションの差がリーグの成績を左右したのだとすると、相変わらず各チームの実力に、大きな差はないということを示しています。

来シーズンもJリーグは混戦が予想されます。これからのシーズンオフは、シーズンを振り返りながら、来シーズンはどんなチームになるのか。シーズンが開幕するまで、楽しみたいと思います。

関連商品