nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「肉でも魚でもない試合」だからこそ分かることがある。2015年ナビスコカップ予選リーグ第4節 ヴィッセル神戸対川崎フロンターレ レビュー

   

2015年ナビスコカップ予選リーグ第4節、川崎フロンターレの対ヴィッセル神戸は0-0。勝利をつかむことは出来ませんでしたが、見応えのある試合でした。

今シーズン初スタメンの選手が3人いる試合で、普段通り試合を運ぶのは簡単ではありません。ヴィッセル神戸も川崎フロンターレのDFがボールを持つと、厳しくディフェンスをしてきましたし、試合会場のノエビアスタジアム神戸のグラウンドがデコボコで、ボールがコントロールしづらい状況だったこともあり、普段通りとはいきませんでした。それでも、0-0という結果は、チームにとってよい結果だと思います。

この試合は、「継続して起用される選手」のプレーに注目していました。3日前のベガルタ仙台戦から、継続してスタメンで起用されたのは、西部、武岡、谷口、車屋、大島、森谷の6人。試合を観る限り、6人ともそれぞれに持ち味を発揮していたと思います。

1年前の武岡はこの試合初スタメンの選手と同じ立場

個人的には、武岡のプレーが印象に残りました。ベガルタ仙台戦は、戦術的な理由とはいえ、前半で交代。プレーが悪かったからゆえの交代ではないとはいえ、悔しい思いをしたと思います。3日前に味わった悔しい思いを晴らそうという気持ちが、プレーから伝わってきました。攻撃の時はFWに速くて正確なパスを狙い、相手がボールを取りに来ても、ドリブルでボールを運び、守備の時は、いつも通り1対1の強さを披露してくれました。

武岡ほど、この1年で立場の変わった選手はいません。1年前は、初スタメンの選手と同じ立場の選手でした。なかなか試合に出られず、たまに試合に出ても、よいプレーが出来ない。この試合で初スタメンだった、三好、橋本、船山といった選手の悩みは、1年前の武岡の悩みでもありました。

しかし、武岡は腐らずに努力を続け、昨シーズン残り3試合で与えられたチャンスをものにしました。今まで起用されたことがなかった、3バックの右で起用され、鹿島アントラーズのカイオ、サンフレッチェ広島の柏、ヴィッセル神戸のペドロ・ジュニオールといった選手たちを1対1で止め続けたことが、今シーズンの武岡につながっています。

三好、橋本、船山、杉本、井川といった選手は、正直3日前のベガルタ仙台戦にスタメンで出ていた選手以上のインパクトは、残せなかったかもしれません。しかし、この試合で全てが決まるわけではありません。まだまだシーズン序盤。怪我人、出場停止など、チャンスはあるはずです。だからこそ、次のチャンスを掴みとるために、いかに今日の試合で得た、悔しさ、手応えを、日々の練習でいかせるか。そして、誰が次のチャンスを掴むのか。引き続き注目したいと思います。

3バックで戦う理由を改めて考える

この試合を観ながら、改めて、今シーズン風間監督が3バックで戦うことが多い理由について、考えていました。昨年、僕は「来年は3バックで戦うのか」という記事で、3バックで戦う理由について、こんな事を書きました。

3バックで戦うと思う理由は、攻撃的に戦うために、前方に選手を配置したいからです。どうしても押し込まれた時は、MFの選手がDFラインに下がって守ることもあると思いますが、基本的には相手を押し込んで崩すことを考えると、攻撃時に多くの選手を前方に配置し、選択肢を増やしておくことが必要だからです。

この考えは間違っていないとは思うのですが、ヴィッセル神戸戦と早朝に行われたUEFAチャンピオンズリーグ FCバイエルン・ミュンヘン対FCポルトの試合を観ながら、他にも理由があるんじゃないかと思ったのです。3バックで戦うもう1つの理由、それは「ロングパスを有効に活用したい」からじゃないかと思ったのです。

バイエルン・ミュンヘンは、FCポルトが素早くプレッシャーをかけてくることを見越して、わざとプレッシャーをかけてくる前に、ロングパスを相手サイドバックの裏や、サイドの選手に向けて出していました。狙いは、相手のDFラインを下げさせ、プレッシャーをかけさせないこと。狭いエリアでボールを回すとみせかけて、素早く逆のサイドにロングパスを出し、相手を走らせる。相手がプレッシャーをかけずに下がってきたら、ラフィーニャやバドシュトゥバーといったDFの選手がドリブルでボールを運ぶ。短くパスをつないで攻めてくるはずと考えたFCポルトの対策を逆手にとって、バイエルン・ミュンヘンは前半だけで5点を奪って、勝負を決めてみせました。

この試合を観ながら、風間監督が3バックで戦っている理由は、ロングパスを有効につかいたいからじゃないかと思ったのです。3バックにすることで、相手ゴールに近い位置に、多くの選手を配置しておくことが出来ます。また、選手間の距離が広くなるため、相手のプレッシャーを回避しやすくなります。川崎フロンターレと戦うチームは、どこも、守備の時には素早くプレッシャーをかけてきます。素早くプレッシャーをかけるチームを相手にした場合、パスが上手くつながらず、相手のペースで試合が進み、そのまま敗れるというのが、負けパターンでした。

ロングパスを有効に活用することで、相手の狙いを逆手にとって、自分たちが優位にゲームを進める。そんな事を、風間監督は考えてるんじゃないかという気がします。もちろん、近い距離でパスをつなぐことを好む選手も多いので、なかなか狙い通りにいっているわけではありません。パスをつなぐことにこだわりすぎて、相手を崩せない試合もあります。しかし、パスをつなげるようになったからこそ、ロングパスを有効に活用するためのトライが出来ているのだと考えると、チーム作りは新たな段階に進んでいるのだなと、この試合を観ていて感じました。

「肉でも魚でもない試合」に見えるかもしれませんが、こういう試合だからこそわかることがあります。プロスポーツの試合に、ムダな試合なんてないのだなとあらためて感じた試合でした。

おすすめ商品

 - , , , ,