ポイントは森谷賢太郎の動き。2014年J1第6節 徳島ヴォルティス対川崎フロンターレ プレビュー

2014/07/22

スタメン予想はこちら
スタメン予想はこちら

2014年J1第6節、川崎フロンターレの対戦相手は徳島ヴォルティス。リーグ戦2連勝中の川崎フロンターレ、リーグ戦5連敗中の徳島ヴォルティス。現在の成績だけで考えると、徳島ヴォルティス相手に勝利するのは簡単そうに思えますが、ある意味で一番難しい対戦相手だと思います。

なぜ、一番難しい対戦相手なのか。それは、徳島ヴォルティスが川崎フロンターレの良さを消してくることが予想されるからです。

守備重視の徳島を崩せるか

前節、徳島は「3-4-2-1」のフォーメーションで戦いました。対戦相手の広島のフォーメーションにあわせ、相手の良さを消すことが狙いでした。結果は1-3の敗戦でしたが、広島の先制点が決まるまでは、徳島の狙い通りにゲームが進んでいました。

今節も、徳島は3バックで戦ってくることが予想されます。守備の時は、5バックになるこのフォーメーションで、攻撃側のスペースを消し、相手の攻撃を防ぎ、攻撃の時は手薄になってきた相手の守備を、少ないパスで攻略するのが狙いです。この戦い方は、川崎フロンターレが最も苦手とする戦い方です。守備を重視してくるチームを上手く崩せませんでした。

先日のシドニーワンダラーズ戦では、守備を重視して戦ってくる相手を崩すことに成功しましたが、引き続き守備を重視してくる相手を崩して得点が取れるのか。この試合の大きなポイントです。

森谷に求められる相手を崩す動き

この試合、ポイントになる選手は森谷賢太郎です。

FC東京戦からの3連勝は、中村憲剛と大島僚太のダブルボランチのプレーも大きな要因ですが、森谷も素晴らしいプレーを披露しています。ワンタッチ、ツータッチでパスを繋ぎ、相手のマークを外して、ボールを受けられる位置に動きつづける。地味ですが、こうした森谷のプレーが川崎フロンターレのパス回しを円滑にしているのです。

また、森谷の守備の貢献度も見逃せません。相手にボールを奪われた瞬間、相手に猛然とチェックに行き、攻撃を遅らせるだけじゃなく、時に奪い返す森谷のプレーが、守備の安定にもつながっています。名古屋戦のロスタイム、ダニウソンを後ろから追いかけて、スライディングでボールを奪った場面は、現地で見ていて鳥肌がたちました。

徳島相手に、なぜ森谷がポイントになるのか。それは、森谷のように「ボールを受けるのが上手い」選手が相手ディフェンスの背後や間でボールを受けられれば、相手ディフェンスを崩すことが出来るからです。人数をかけてスペースを消すディフェンスは、正面からのドリブル突破には効果的ですが、サイドから中央に斜めに動いて、ボールを受けるような動きには、上手く対応できません。

ちなみに、バイエルン・ミュンヘンはこうした動きを多用して守備重視の相手を崩してきましたが、川崎フロンターレでこの動きが上手いのが、小林悠と森谷です。特にポジションを考えると、右サイドハーフでの先発が予想される森谷に、斜めに走って相手の背後をつく動きが求められます。

森谷がいかに徳島のディフェンスを崩せるか。
この試合は、その点に注目したいと思います。

関連記事

守備の堅い相手を攻略。アウェーの雪辱を果す。ACLグループリーグ 川崎フロンターレ対ウエスタン・シドニー レビュー
中村憲剛と大島僚太のダブルボランチ。2014年J1第5節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス レビュー
Winning team never change。2014年J1第4節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス プレビュー

関連商品