nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

難しいコンディションにきちんと対応。2014年J1第6節 徳島ヴォルティス対川崎フロンターレ レビュー

      2014/07/22

スタメンはこちら

スタメンはこちら

2014年J1第6節、徳島ヴォルティス対川崎フロンターレは4-0で川崎フロンターレの勝利。徳島ヴォルティスに許したシュートは、1本。完勝にみえますが、途中細かいミスも目立ち、決してよい出来のゲームではなかったと思います。ただ、最下位の相手にきちんと勝ち切りました。

難しいグラウンドコンディション

この試合を難しくした要因は、2つあります。

1つ目は、この日全国的に吹き荒れていた風です。

前半、川崎フロンターレは風上に立ちました。ロングパスを蹴ればボールが伸びることを想定し、いつも以上にショートパスを繋ぐことを心がけているように思えました。風の影響を受けず、90分間相手を外し続け、ゲームをコントロールすることが出来たと思います。

風の影響を受けるのは、攻撃だけではありません。風上の前半、相手のロングボールが風で戻される場面がありました。DFにとって風上の時に守るのは簡単ではありませんが、ジェシと井川はボールの軌道と相手FWの動きを読んで、うまく対応してました。さすがです。

2つ目は、ピッチコンディションです。

大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムのピッチコンディションは、テレビから観ていても芝目がそろってないことが分かりました。芝目が揃っていないため、ショートパスを繋ぐ時微妙にボールがはねていて、ボールが処理しづらそうでした。いつもよりパススピードが遅いように思えましたが、ピッチコンディションも大きな要因だと思います。決してパスが繋ぎやすいピッチコンディションではありませんでした。

しかし、難しいコンディションに対応して、きちんと勝ち切ったのは素晴らしかったです。
強かったです。

森谷賢太郎に求められるのはゴール

この試合は、森谷賢太郎の動きに注目していました。守備を固めてくる徳島を攻略するには、森谷のボールの無いときの動きが、いつも以上にカギを握るのではと思っていたからです。先制点を早い時間に取ることが出来たので、動きで引いた守備を攻略する場面はみられませんでしたが、90分動き続け、ワンタッチ・ツータッチでボールをさばき、攻撃のリズムを作っていました。

驚いたのは、森島の交代後にFWとしてプレーしたことです。てっきり、中村憲剛がトップ下でプレーすると思ったのですが、森谷が中央でプレーしたのは驚きでした。

森島が交代して森谷がFWに入ってから、パス回しがスムーズになりましたし、攻撃に迫力も出てきました。ゴール前で大久保の足元に強いパスを出した場面がありました。大久保がコントロール出来ずにゴールになりませんでしたが、素晴らしいパスでした。十分機能していたと思います。

あとは、本人も試合後のインタビューで答えていましたが、ゴールです。チームに欠かせない選手に成長しつつあるので、その事をぜひゴールを挙げて、証明して欲しいと思います。

これで、公式戦4連勝。リーグ戦も3連勝。リーグ戦の順位も4位に浮上しました。
しかし、次節の相手は柏レイソル。相手のよさを消して、自分たちの戦い方にもちこむうまさを持っているチームです。
柏レイソルのようなチームに勝ってこそ、本当に強いチームになったと言えると思いますし、楽しみな1戦です。

関連記事

守備の堅い相手を攻略。アウェーの雪辱を果す。ACLグループリーグ 川崎フロンターレ対ウエスタン・シドニー レビュー
中村憲剛と大島僚太のダブルボランチ。2014年J1第5節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス レビュー
完勝。2014年J1第4節 FC東京対川崎フロンターレ レビュー

関連商品

 -