言葉はいらない。ただ味わおう。書評「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」(村上春樹)

もし僕らのことばがウィスキーであったなら

本書は、村上春樹が”ウイスキー”をテーマに、スコットランドのアイラ島とアイルランドを訪ねた時のことをまとめたエッセイです。村上春樹さんが小説家になる前は、バーを経営していたことが知られていますが、本書は著者自身の過去の経験は全く登場せず、あくまで旅で感じたことに焦点をあてて書かれています。

ウイスキーは、黙って飲む飲み物

ウイスキーという飲み物は、ハイボールが居酒屋のメニューに定着したことで、女性も飲むお酒となりつつありますが、僕にとっては未だにウイスキーは”大人の男が飲むお酒”です。落ち着いたバーで、水割りのウイスキーをゆっくりと飲む。そんな男性は同性から見ても素敵だと、僕は思うのです。

自分たちが造っているお酒だから、うまい。

本書を読んでいると、スコットランドとアイルランドでウイスキーに対する考え方や製造の違いはあるものの、共通するのは、ウイスキーを作っている人、ウイスキーを飲んでいる人から、ウイスキーへの愛情がこれでもかというほど伝わってきます。

ボウモア蒸留所のジム・マッキュエンさんは、アイラウイスキーの哲学についてこう語っています。

みんなはアイラウイスキーのとくべつな味について、あれこれと細かい分析をする。
(中略)
でもそれだけじゃ、ここのウイスキーの味は説明できないよね。
一番大事なのはね、ムラカミさん、
一番最後にくるのは、人間なんだ。
ここで、ここに暮らしている俺たちが、
このウイスキーの味を造っているんだよ。
(中略)
それがいちばん大事なことなんだ。

最後に、本書に挿入されている村上春樹さんの奥様の写真が素晴らしいです。特にアイルランド編の最後に掲載されている、村上春樹さんを撮影した写真は、奥様しか撮れない写真だと思いました。撮り手に対する被写体の信頼が伝わってくる写真です。

関連記事

村上春樹さんについては、以下の様な記事を書いています。

ウイスキーについては、以下の様な記事を書いています。

関連商品

本書を読んで、興味を持った方はこちら。

サントリーのウイスキー「山崎」のブレンダー、輿水精一さんを特集した「プロフェッショナル-仕事の流儀-」はこちら

村上春樹が好きな音楽の事を書いたエッセイ。スガシカオの事を書いたエッセイが僕は大好きです。