nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

不利な条件を有利に変えろ。2015年J1セカンドステージ第5節 松本山雅FC対川崎フロンターレ プレビュー

   

2015年Jリーグセカンドステージ第5節、川崎フロンターレの対戦相手は松本山雅FCです。

中3日でどれだけよいプレーが出来るか

この試合注目したいのは、前節から中3日で迎えるこの試合で、どれだけよいプレーが出来るかです。

川崎フロンターレは、松本山雅のようによく走って、ボールを持ったら積極的に奪いにくるチームを苦手としています。そして、中3日、中2日で試合を行う時、コンディションが整わないため、相手の守備に捕まってしまい、自分たちのリズムでゲームを進めることが出来ず、試合に敗れてしまうことがよくあります。

したがって、この試合は、中3日で相手が走るチームでアウェーゲームという、川崎フロンターレにとってよくない条件で、どれだけのプレーが出来るか、よいプレーが出来なくても勝利を掴みとることが出来るのか、試される試合です。

相手と同じフォーメーションで上手く戦えるか

川崎フロンターレは、この数試合、ボランチの組み合わせとフォーメーションを変更しながら、最適な組み合わせを探っています。レナトの移籍、大島のコンディションが今ひとつ、田坂の加入、小林悠の離脱、コンディションが戻ってきた中村をどこで使うべきか、といった様々な要因を踏まえて、どんな組み合わせが良いのか、試行錯誤を続けています。

この試合では、相手が3バックのフォーメーションを採用しているので、3-4-3のフォーメーションで戦うことが予想されます。第3節の柏レイソル戦、第4節の清水エスパルス戦では、後半から3バックに変更したことで、パスがスムーズに回るようになりました。

柏レイソル戦、清水エスパルス戦では、フォーメーションを変えたことで相手のマークが外れたので、スムーズにパスが回るようになりました。ただ、この試合では相手とフォーメーションは噛み合っているので、武岡、井川、谷口に対して、松本山雅は激しく守備をしてくることが予想されます。相手の激しい守備をかいくぐって、いかにスムーズに相手ゴール前までボールを運べるか、この試合のポイントです。

不利な条件を有利に変えろ

今日の試合も暑くなることが予想されます。後半になれば、両チームとも動く頻度や量は少なくなり、ミスも多くなるはずです。暑い夏は、ボールを動かして、相手を動かせるチームのほうが優位だと言われています。そう考えると、川崎フロンターレにとって、暑い夏に松本山雅のような走るチームと対戦するのは、悪い組み合わせではないと思います。

自分たちにとって不利な条件をいかに克服し、自分たちに有利な展開に持ち込むか。優勝を目指すチームなら、当たり前のように出来る試合運びがこの試合で出来るか。注目です。

おすすめ商品

 - , , ,