nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

なぜ前半と同じように後半も戦えなかったのか。2015年J1セカンドステージ第6節 松本山雅FC対川崎フロンターレ レビュー

   

2015年Jリーグセカンドステージ第5節、松本山雅FC対川崎フロンターレの対戦は3-1で川崎フロンターレが勝ちました。この試合のレビューは、「なぜ前半と同じように後半も戦えなかったのか」という点について、書きたいと思います。

厄介だった「普段通りの松本山雅FC」

1点目は、松本山雅FCが後半から戦い方を普段通りのやり方に戻したことです。DFラインに入った喜山を中心に、ロングパスをどんどん蹴り込みます。対角線上に蹴り込まれるロングパスを、的確に跳ね返し続けるのは簡単ではありません。ヘディングが強い選手が少ない川崎フロンターレにとって、このロングパス攻撃は厄介でした。

そして、ロングパスをクリアしてタッチラインに逃れても、今度は岩上のロングスローで、ゴール前に正確なパスがやってきます。あれだけロングパスとロングスローを組み合わせて、ゴール前にボールを蹴りこまれたら、ペースを握るのは簡単なことではありません。そんな展開で、谷口のヘディングの強さは際立ちました。日本代表に選ばれるだけの力をみせてくれたと思います。

狙われた車屋

2点目は、車屋のパフォーマンスです。武岡に代わって途中出場したのですが、守備の時に相手のロングパスを跳ね返すことが出来ないだけでなく、前田や田中のドリブルに押し込まれ、相手の攻撃を受けてしまう要因を作ってしまいました。また、攻撃の時に近くの味方にしかパスをしないので、味方がパスをもらうために車屋の近くに寄ってしまうため、少しづつポジションがずれてしまい、前半維持できていたよい距離間が崩れてしまいました。

個人的に面白いと思ったのは、風間監督がとった解決策です。車屋の問題を解決するために、實藤と小宮山を交代させたのですが、小宮山の場所に車屋を入れるのかとおもいきや、FWに車屋を入れて、田坂を左ウイングバック、谷口を左にスライドさせました。

これは、よい言い方をすると「車屋のスピードを前線で活かし、狙われていたサイドを谷口に守ってもらう」と捉えられるのですが、悪い言い方をすると「上手くプレー出来ないなら、その場所から外してしまおう」という事なのだと思います。車屋としては、途中交代より悔しい配置転換だと思います。しかし、途中出場で途中交代としなかったところに、風間監督の車屋に対する期待が感じ取れました。

ただ、車屋はルーキーです。フルシーズンを戦うのも初めてですし、左ウイングバック、センターバック、ボランチといった複数のポジションを試合ごとにこなし、なおかつこの夏場にコンディションを整えながら、大きな怪我もなく、試合に出続けるのは、簡単ではありません。この試合の後、Jリーグは2週間の中断期間に突入します。しっかりコンディションを整えて、よいパフォーマンスを出せるように調整して欲しいと思います。

ゴールを奪いに行き過ぎた後半

3点目は、ゴールを奪いに行き過ぎたことです。

松本山雅FCの攻撃を凌ぎ、ボールを持つと、選手の目の前にはスペースが広がっています。広がったスペースの前にいるDFが少数なので、選手の本能としては、手数をかけずにゴールを奪いたいと思うものです。攻撃を仕掛けてゴールを奪えればよいのですが、ゴールが奪えないと相手ボールになってしまい、またロングパス攻撃を受けることになってしまいます。

3-0で勝っているので、無理して攻撃を仕掛けるのではなく、テンポを落として、相手をじらし、相手がポジションを空けたところをついて、得点を奪いに行く。ボールが握れるチームなのですがから、自分たちで攻撃のテンポを決めて、相手をコントロールする。そんな意識で戦ってもよかったと思います。

攻撃のテンポをコントロールして戦うことは、川崎フロンターレの課題です。ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、サンフレッチェ広島といったチームは、自分たちがボールを握りながら、時間を進めていくのが非常に上手いのですが、川崎フロンターレはボールを握ると、どうしてもゴールを奪うことばかり優先してしまう傾向があります。また、時間を進める戦い方が上手くなると、今度はゴールを奪いにいかなければならない時に、攻撃がなかなかスピードアップしない時があります。なかなか厄介な課題です。

ただ、時間を進めるためにボールを握るプレーがチームとして出来なければ、不要な失点が増えてしまいます。細かくパスを受けて出すプレーを連続させるのが難しいなら、タッチライン沿いにロングパスを出して、FWを走らせてボールを受けてもらい、ボールと人を自分たちのゴールから遠ざけることで、リスクを回避するという方法もあります。状況に応じて、よりよい選択が出来る場面があったのではないかと、観ていて感じました。

セカンドステージ最初の5試合は、3勝1分け1敗という成績でした。中断期間に入るため、ここでコンディションを整えられるのは、チームにとってプラスです。暑い日が続きますが、中断期間にコンディションを整え、出てきた課題を解決するために、日々の練習に取り組み、試合でよい結果を出して欲しいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,