合い言葉は「くうねるあそぶ」「お元気ですか?」。井上陽水と日産セフィーロ

2014/03/27

井上陽水さんのCM出演本数は決して多くはありませんが、どれも印象に残るCMばかりです。特に有名なCMに1989年の日産セフィーロのCMがあります。

鍵となる2つのコピー

このCMは、冒頭と最後に井上陽水がしゃべる2つの強烈なコピーが鍵となっています。
このCMは井上陽水のこんな一言から始まります。

合い言葉は「くうねるあそぶ」

この言葉の後に、井上陽水の「今夜、私に」の物悲しいサビが流れ、車が道路を疾走します。
すると、助手席の窓が開き、井上陽水がこう語ります。

「皆さん、お元気ですか?」

その後「じゃ、失礼します。」という言葉と共にナレーションが入り、CMが終わります。

糸井重里さんが考えた「くうねるあそぶ」

「くうねるあそぶ」というコピーを考えたのは、糸井重里さんです。生きていく上で誰もがやっている「食べる」「寝る」「遊ぶ」という行為を、ひらがなで「くう」「ねる」「あそぶ」と書くことで、何か特別な意味があるように思えてくるから不思議です。このコピーを改めて読むと、糸井さんは、日々の生活の楽しさや素敵な部分を、人の心にスーっと浸透させる達人です。「ほぼ日刊イトイ新聞」のコンテンツにも、そんな糸井さんの思想が貫かれていると思います。

「皆さん、お元気ですか?」

そして、井上陽水さんの「皆さん、お元気ですか?」。この言葉は強烈です。このCMが放送されたのは1989年。このCM放送直後に、昭和天皇が崩御し、昭和という時代が終わります。そんな時代の変わり目にいる人々に対して、「お元気ですか?」というメッセージは、井上陽水の声のトーンと相まって、少し皮肉っぽく聞こえます。1989年はバブル真っ只中。好景気に浮かれている人々に、「お元気ですか?」というメッセージはどう聞こえたのでしょうか。

なお、昭和天皇が崩御した際、「皆さん、お元気ですか?」が「宮様、お元気ですか?」に聞こえるという理由で、「皆さん、お元気ですか?」の部分だけ音声を消して放送したという、いわくつきのCMです。それだけ、当時の人々にとって「皆さん、お元気ですか?」というメッセージが強烈だったことが分かります。

説明しない

このCMは、商品のイメージを伝えたり、具体的に説明したりしません。しかし、井上陽水という人物の声と存在感。それと「くうねるあそぶ」と「皆さん、お元気ですか?」という言葉が妙に引っかかって、商品のことが気になってしまう。そんなCMです。

最近のCMは説明が多いので、すごく新鮮に感じます。

井上揚水 CM 日産セフィーロ「皆さん、お元気ですか?」

井上揚水 CM 日産セフィーロ(別バージョン)

関連記事

色気のあるたたずまい。色気のある声。色気のあるお酒。井上陽水出演「サントリーウィスキー角瓶CM」
山下達郎と日産スカイライン「I Love You SKYLINE」
「MOTHER2 ふっかつさい」にちなんで、MOTHERのCM動画を紹介
企業にとって最高の広告は”働く人”。清水建設「昼間のパパ」
情けないけど、カッコイイ。永瀬正敏出演のCM「サントリー ザ・カクテルバー 」

関連商品

魔力

2,000円
(2013.12.06時点)
posted with ポチレバ