起業家は「よい海賊」であれ。書評「Zero to One」

アメリカシリコンバレーで、次々と成功する企業を立ち上げる起業家集団がいます。

オンライン決済サービス・ペイパルの初期メンバーとして繋がりが深く、現在もシリコンバレーで絶大な影響力を持つことから「ペイパル・マフィア」とも呼ばれる彼らは、ご存知ユーチューブ(YouTube)をはじめ、電気自動車のテスラ・モーターズや民間宇宙開発のスペースXからイェルプ(Yelp!)、ヤマー(Yammer)といったネットサービスまで、そうそうたる企業を立ち上げてきました。そんなペイパル・マフィアの一人が、Facebook初の外部投資家にもなった、ピーター・ティールです。

本書「Zero to One」は、アメリカのシリコンバレーの起業家文化を支えるピーター・ティールが、母校スタンフォード大学で行った起業講義録をまとめた1冊です。

「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」

本書は、著者が採用面接で必ず語るという、こんな言葉で始まります。「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」。この言葉の答えを考えることが、本書で語られていることの全てであり、「Zero to One」にするために最も必要なことなのです。

「大切な真実」がありがちな答えなら、それは人まねでしかない。だからといって、あまりに現実離れした仮説を言われても、それはそれで面白くない。これは答えがある質問じゃない。大切なのは、自分の頭で考えた答えがあるかどうかであり、時が流れても、環境が変わっても、変わらない「大切な真実」を考え続けられるかどうかなのだ。

大切な真実について、考え続けろ

そして、本書を読んでいると、著者もそんな一人であることがよく分かります。

「大切な真実」を自分の頭で徹底的に考え、自分の考えたことが人の役に立つのか、未来を変えられるのか。本書に書かれているのは、現時点での著者の答えであり、試行錯誤の結果であり、そして、これからも考え続けるという所信表明に思えます。

多額の資金を得た現在も、目の前の世界を変えようと奮闘する著者の姿に、読み終えて心底感心しましたし、起業家とはこういう志を持っていなければならないのだなと、思い知らされました。

よい海賊であれ

余談ですが、弊社には「よい海賊十則」という言葉が社内に掲げられている。本書を読み終えて、真っ先に思い出したのが、この「よい海賊十則」でした。

1.海賊とその船は、前進しかない
当業界では常に情報をアップデートしていないとダメ。また前進あるのみなので、そういうオーラを出せ

2.海賊は乗る船を愛し、チームで闘う
乗る船を愛する、というのは、ゴミを拾い、コピーを節約し、チームワークで突破するということだ

3.海賊は、チームで闘いながらも、実は他人よりも自分の戦い方だけを気にする
結果だけ出せ。他人のことはどうでもよい。◯◯さんが言っていたとか、皆そうですよ、とか知るか。

4.海賊はどんな航路にも代案をもっている
代案もなく「できません」を言うのは万死に値する

5.旅を嘆く海賊は、海賊ではない
だれも無理やり会社に連れてきたわけではない。自分から乗り込んだのなら、どんなに楽しくやるか、また励むか自分で工夫しろ

6.海賊はできる海賊をリスペクトし、議論もするが影でグチグチ言わない。言うなら喧嘩しろ。
仕事に関する議論、大いに結構。というか、しろよ!

7.海賊嘘つかない
コンプライアンス。そしてミスも報告。隠すな

8.海賊は、けっきょく腕自慢
口先だけじゃなく結果を出してなんぼってこと

9.よい海賊は惜しみなく奪うが、与えることもうまい
上司や先輩の仕事ぶりを盗み、下を育てて連帯の士気を高めろってこと

10.海賊はお宝をもっている
顧客から仕事を頼まれるのは、宝があると思われるから。宝がない奴は職にあぶれるし、他人の宝にぶらさがっている奴はいずれ化けの皮がはがれるってこと。だから、[1]に戻る。

まるで、One Pieceの中に出てくる海賊たちのことのようですが、「よい海賊十則」は、著者のメッセージに共通する点が多いと思ったのです。僕は読み終えて、「自分はよい海賊であるだろうか」と考えさせられました。そして、どうせなら、どうせよい海賊でありたいと思うのです。人生は、冒険。楽しまなくてはね。

関連商品